TOP 基礎知識 経営計画の種類とは?税理...

Knowledge基礎知識

経営計画の種類とは?税理士に依頼するメリットも合わせて解説

経営計画とは、会社の今後の売上や販売方針、収支計画などをまとめたものであり、目標とする期間によって短期、中期、長期と3つに分けることが可能になります。
これら経営計画の種類の違いにはどのようなものがあるのでしょうか。
そして、この経営計画の作成を税理士に依頼することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
以下で詳しく見ていきましょう。

経営計画の種類について解説

経営計画には、その期間の売上や経費計画、どのようにして売上を伸ばしていくかという具体的な計画まで落とし込んでいきます。
経営計画は、目標とする期間に応じて3つの種類があります。
それぞれ、短期経営計画、中期経営計画、長期経営計画というものです。

短期経営計画は、1年での経営計画となり、具体的な内容としては当期どのような計画で経営をしていくのかというものになります。
実際には、どのようなプロモーションを打つのか、どのくらいの売上を見込んでいるのかということを計画していきます。

中期経営計画は、主に3~5年程度の経営計画になります。
5年以上の長期経営計画を達成するために、3~5年はどのような計画で進めていくのかということを具体的に決めておくことが重要となります。

最後に、長期経営計画は会社のビジョンにもつながるものです。

計画を行う流れとして、長期経営計画、中期経営計画、短期経営計画の順番で決めていくと修正もしやすくスムーズな計画立案が出来るでしょう。

税理士に経営計画作成依頼を行うメリット

それでは、経営計画を税理士に作成依頼することによってどのようなメリットがあるのでしょうか。
税理士に経営計画を依頼することによって、資金調達が容易に進む可能性が考えられます。
税理士は何社もの財務諸表を見る中で、この財務であれば経営がうまく行くということを熟知しています。
そのため、財務の目標から経営計画に落とし込むことが出来るために、無駄のない経営計画を立てることが出来て、資金調達までサポートすることが可能となります。
自分で作ることももちろん大事ですが、第三者の目線で検討することも一つの重要なポイントといえるでしょう。

経営計画に関することは奥村啓税理士事務所にお任せください

奥村啓税理士事務所では、CFO代行、財務コンサル、経営指導などの業務を行っております。
経営計画に関することは奥村啓税理士事務所にお任せください

当事務所はこのほかにも案件を多く取り使っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください!

PAGE TOP お気軽にご相談ください!050-6865-4858